男性でもつけられるペアネックレスの特徴ついて解説

ペアネックレス

カップルで付き合い始めて長くなってくると、記念日やイベント等にペアアクセサリーをお揃いで購入することもあるのではないでしょうか。ペアアクセサリーと聞いて特に思い浮かぶものと言えば、リングやネックレス、ブレスレット等かと思います。特に、ペアリングは男女でつけることに抵抗感が少ないのですが、ペアネックレスは男性側に抵抗がある場合があります。女性は毎日おしゃれとしてネックレスをつけている方も多いですが、男性は人にもよりますがネックレスをつける習慣が女性ほど多くはありません。しかしペアネックレスと一概に言っても、男性にも似合うデザインを選ぶことが出来れば、違和感なく着用できます。そこで今回は、男性でもつけられるペアネックレスの特徴について解説していきます。

どんなものにも合わせやすい、シンプルなものを選んで

男性に抵抗感なくつけてもらいたいのであれば、やはりシンプルなものを選ぶことが1番です。あまり大きな形ですと目立ってしまいがちですが、シンプルなものだと目立ちませんし、寧ろファッションの一部のアクセントとしても、おしゃれに取り入れることができます。例えば、末広がりの意味のある8の字型のデザインや、ダブルリング型のネックレスは男性でも比較的に違和感なく利用が可能です。そこで特にオススメしたいデザインが、ペアリングがネックレスになったものです。ペアリングの内側に2人の名前や好きなメッセージを彫刻すれば、2人だけのオリジナリティや独自性が溢れるデザインとなります。更に、ネックレスだけではなく、ペアリングとしても利用することが出来るので、有効活用ができる優れものです。

二人のネックレスを組み合わせて1つのデザインを作ってみて

せっかく2人だけのお揃いにするなら、特別感が欲しいものです。2人のネックレスを合わせて1つのデザインになるようなペアネックレスも存在しており人気を集めています。例えば同じ形のネックレスでも、男女で異なるメッセージが刻まれており、ネックレスを組み合わせると文章が浮かび上がってくるデザインがあります。また女性側は可愛らしいハートの形で、男性側は長方形の一部にハートの跡がついているようなお互いの形が異なるネックレスもあります。ネックレスの形は男女で異なりますし、女性はピンクゴールドで男性はシルバー等で色も分かれていることがありますが、さりげなく2人を繋ぐデザインです。寧ろ男性側としてはシンプルなデザインも多いので、着用しやすいというメリットもあります。